2008-12-17

i'm moving


hi guys,

things often happen unexpectedly, and i am temporary going to be moving to the Caribbean from jan.

good bye my apt in korea town!

4d

2008-12-08

KUSHAMI Show: Downtown Artwalk 12/11

KUSHAMI (Mika Soma+Kio Griffith+Shinichi Ono) presents "FIELD-TRIP"

date:Dec 11th 2008
time: 12-9 (downtown artwalk) 7-9 artist reception
venue: Spring Arts Collective Gallery
Spring Arts Tower
453 South Spring Street
Mezzanine Level
Los Angeles, CA 90013


This one will be video/sound/performance (Improvieologue).
I hope you can come.

2008-12-05

Shojin Restaurant (group show)



CAFE MODE presents EARTH WORKS:

date: Dec 10 2008
time: 8-11pm
venue: Shojin Restaurant 333 s Alameda Ave,. Los Angeles CA 90013

click on the image to the right for more info --->

2008-11-11

A (Group) Solo Shows at Sea and Space Gallery Nov 29th (sat)

i'm taking a part of this experimental show; a bunch of solo shows put together within a gallery space in Highland Park. Maybe you can stop by?


The Anonymous Everyone : Mika Soma, A Solo Show

November 29th- December 7th, 2008

Reception: Saturday, November 29th, 8 – 11 PM


Sea and Space Explorations

4755 York Blvd, LA, CA 90042

http://www.seaandspace.org

Gallery is open Sundays 1-5 PM and by appointment

Tel.: 323-445-4015. email: info@seaandspace.org

DIRECTIONS from Los Angeles: From the 5, take the 2 north. Take the Verdugo Road exit. Left onto Eagle Rock Boulevard. Right onto York Boulevard (major cross street is Armadale Boulevard).


View Larger Map



2008-11-10

Knock, Knock! (photos from the reception)

thanks for everyone who came to participate in this installation.




2008-10-29

Knock Knock! 3 person show Next Sat



i'll be collaborating with Shinichi Ono and Kio Griffith on a show,
Knock! Knock! at Rasen Gallery at Kyoto Grand Hotel in Downtown Los Angeles.


Opening Reception:

Knock! Knock!
Nov 8th 6pm to 9pm
at Rasen Gallery at Kyoto Grand Hotel
120 S Los Angeles St. Suite 270


i hope to see you there!




2008-09-17

Damian Wagner's sculpture exhibition opening Sep 27th


my friend Damian is having an opening for his sculpture in Venice.
27th, 5 to 9pm. RSVP required*

友人のスカルプチャのオープニングがベニスであるらしく、
この写真で招待状作ってと頼まれて、それができたので載せておきます。
9月27日土曜日の5時から9時まで。事前予約要。

2008-09-15

Grey Leaves

above the sunlight, through pink bubbles floating underneath,
there i sit in a paddle of sky. foot-less-color-less shoes skip towards me stepping on my finger tips. tingles, tingles, red tingles. Of my left hand, grey leaves soak out. there is a hill on top of my left arm, of grey. i breathe in my hair and it tickles in my throat. a cellular-phone rings to blow away the hill of leaves into the pond of catfish. 00110101001110..... catfish make photo-copies of my leaves, dig a hole deep into the air. the sky splashes into my eyes. i feel the songs of the birds in my ribcage. i shake to fly to the chair de Luné.
foot-less-color-less shoes stare at my ears to tell me of the cheerful doorbell.

2008-09-14

こころから、いい加減なあなたへ Imaginary Conversation Book Cover


titile: dear mr. random
author: Shin-jin Bari (true man, harri)
publisher: so-dan sha

タイトル:こころから、いい加減なあなたへ
作者:真人針
出版社:想談社



in politics, people look for the answer, the one that can solve all the problems that you, i and everyone else has. in politics, people look for the rules to keep things in order so that you, i and everyone else are totally safe.

-who do you think "everyone" is?

2008-09-13

Imaginary Conversation Book Cover "if"


title: if
author: Asuka
publisher: so-dan sha (imaginary conversation co.)
2008

タイトル:もしも
作者:明日可
出版社:想談社
2008年

-what if i was a boy...what if i could only eat eggs...what if i had all the money i want...what if i could fly...what if i had blue eyes...
what if i did not write a word...what if i did not know what my name sounded like...what if i had never seen myself in a mirror...what if i never asked those questions...

would my life be any better or worse?

2008-09-11

security envelope#05

My wife and I went to a picnic on a beautiful sunny day.
There was green that spread out to the horizon. We had the ham and cheese sandwich that my wife made in the morning. We took a walk for a while together. I really loved the way she smiled at me while she was collecting flowers to take home.
Then we encountered a lion. The lion was a very hungry one, and it started chasing us. So my wife and I ran as fast as we can to get a way from the lion. I saw a river in front of us, and there was a little piece of wood that was placed across the river. I ran to the other side of the river and took the wood piece off from the banks so that the lion cannot cross the river. As soon as I realized, my wife was still on the other side of the river. The piece of wood floated away. And I could only stare at it until I could not see it any more.

a confession#036

2008-08-14

swirl around in this world of chaos






はい、3日連続なのでもうお分かりだと思いまふが、
最近ブログに書き込む時間がないので自分で作ったカード類のデザインを載っけてるだけおます。
sorry for not really "writing" anything....but i hope you can enjoy my design works.....

2008-08-10

Glow in Sant Monica

7月にサンタモニカシティーが2年かけて作った一夜だけのアートイベント「Glow」に足を運んでみました。このイベントは、サンタモニカピアのビーチからサンタモニカ3rdプロモナードの方までにわたって開催された、夜の7時から朝の7時までぶっ通しのイベントで、色んなアーティストが参加して、光に関する作品をあちらこちらで展示しているものでした。車で行ったらどーぜたどり着かない+駐車する所も見つからないのは目に見えていたので、3マイルくらい先の駐車場に車をとめてそこからは自転車で行きました。だから何千人もの人ごみを、ウチらはチャリですいすい走行☆。快

で、実は、コレに参加してから、私のブログに特に何も書き込む予定はありませんでした。なぜかというと、期待とはウラハラに、あんまり面白く無かったのです。

で、実際に参加してからこのビデオを見てみたんだけれども、いやはや、やっぱり映像コミュニケーションて凄いです。実に面白そうに見える様になっている。と思ってしまう。

イベントの試み自体は良かったんだけど、パンフが見ずら過ぎて、どこでいつ誰の作品が行われているのか、分からなかったから、私と友人達は結局人ごみの中でいつも通りにぺちゃくちゃおしゃべりして終了。(朝の4時くらいまで)しかも私の友人の友人のパフォーマンスは、荒らしの人のおかげで中止になったらしい....残念。それにしてもこのビデオに出てたものほとんど何がなんだかわからなくて見られなかった....。でもロスにはもっとこういった試みのイベントが欲しいと思う。だからできたらアニュアルのイベントにして欲しいです。今度のはもっとうまく行く様に、City of Santa Monicaに意見を投稿しておこう....。


2008-08-03

2008-07-29

i think you need to read this.....

my partner found this from this website.

http://deoxy.org/ct/dailylife.htm

The Contents of Your Daily Life

How many hours a day do you spend in front of a television screen? A computer screen? Behind an automobile windscreen? All three screens combined? What are you being screened from? How much of your life comes at you through a screen, vicariously? Is watching things as exciting as doing things? Do you have enough time to do all the things that you want to? Do you have enough energy to? Why? And how many hours a day do you sleep? How are you affected by standardized time, designed solely to synchronize your movements with those of millions of other people? How long do you ever go without knowing what time it is? Who or what controls your minutes and hours? The minutes and hours that add up to your life? Are you saving time? Saving it up for what? Can you put a value on a beautiful day, when the birds are singing and people are walking around together? How many dollars an hour does it take to pay you to stay inside and sell things or file papers? What can you get later that will make up for this day of your life?

How are you affected by being in crowds, by being surrounded by anonymous masses? Do you find yourself blocking your emotional responses to other human beings? And who prepares your meals? Do you ever eat by yourself? Do you ever eat standing up? How much do you know about what you eat and where it comes from? How much do you trust it? What are we deprived of by labor-saving devices? By thought-saving devices? How are you affected by the requirements of efficiency, which place value on the product rather than the process, on the future rather than the present, the present moment that is getting shorter and shorter as we speed faster and faster into the future? What are we speeding towards? Are we saving time? Saving it up for what? How are you affected by being moved around in prescribed paths, in elevators, buses, subways, escalators, on highways and sidewalks? By moving, working, and living in two- and three-dimensional grids? How are you affected by being organized, immobilized, and scheduled rather than wandering, roaming freely and spontaneously? Scavenging? (Shoplifting?) How much freedom of movement do you have--freedom to move through space, to move as far as you want, in new and unexplored directions? And how are you affected by waiting? Waiting in line, waiting in traffic, waiting to eat, waiting for the bus, waiting to urinate--learning to punish and ignore your spontaneous urges? How are you affected by holding back your desires? By sexual repression, by the delay or denial of pleasure, starting in childhood, along with the suppression of everything in you that is spontaneous, everything that evidences your wild nature, your membership in the animal kingdom? Is pleasure dangerous? Could danger be joyous?

Do you ever need to see the sky? (Can you see many stars in it any more?) Do you ever need to see water, leaves, foliage, animals? Glinting, glimmering, moving? Is that why you have a pet, an aquarium, houseplants? Or are television and video your glinting, glimmering, moving? How much of your life comes at you through a screen, vicariously? If your life was made into a movie, would you watch it? How do you feel in situations of enforced passivity? How are you affected by a non-stop assault of symbolic communication--audio, visual, print, billboard, video, radio, robotic voices--as you wander through a forest of signs? What are they urging upon you? Do you ever need solitude, quiet, contemplation? Do you remember it? Thinking on your own, rather than reacting to stimuli? Is it hard to look away? Is looking away the very thing that is not permitted? Where can you go to find silence and solitude? Not white noise, but pure silence? Not loneliness, but gentle solitude? How often have you stopped to ask yourself questions like these? Do you find yourself committing acts of symbolic violence? Do you ever feel lonely in a way that words cannot even express? Do you sometimes feel yourself ready to LOSE CONTROL?


2008-07-13

鉄男 (Tetsuo)


今日はたまたま「鉄男」を拝見。 by 塚本晋也(1989)
社会に見られる機械に頼りたい人間のフェティッシュ、人間の感情と機械がぐっちゃぐちゃにとってもグロテスクに表現されてます。
アキラ好きの自分としてはどうしてもあの「鉄雄」との関連性を感じずにはいられない。

"More shoes, more boots and more garlic!" by Herzog

I am a big fan of Herzog as a person.
I was going to post this on my blog for all the image makers, film makers and artists,
but i think that anyone should watch this and listen to this person talk anyways.

This was taken in 1980. There was no internet, no Youtube videos, no blogs, no space for ordinary people to get their images out their. So Herzog's mission to generate more and more images for the civilization problems in the world made so much sense as a film maker back in the 80's, and I admire his intension very much.

But it's 2008, now everyone can be a film maker, writer, jernalist, an image producer all over the world. This is a s tart of everyone to become producers of one's own culture.

Yet, in this super mediated world that we live in, people are not expected to become producer of their own culture, but merely consumers of products lined up for them to give them the false idea of what freedom is to them.

I am interested in where we are going in terms of film making. Imagery makers like film makers and artists now have to challenge themsleves a lot more to keep their titles as image makers. Jobs titles are just another label to your identity though. There are many people who make amazing images but not call them selves film maker or artist.

Werner Herzog Eat His Shoes (1980)

2008-07-04

Residency Programs



今年はアーティスト・イン・レジデンスに申し込む事にした。
アーティスト・イン・レジデンス、またはレジデンスプログラムとも呼ばれるシステムは、
日本も含めて世界各国で実施されている。簡単に言えば、アーティストやライターなど、クリエイティブな人たちに一定期間スタジオを与えるプログラム。
認められれば、とてもいい条件の元、いつもとは違った場所で気分転換をしながら、制作のみに集中できる代物も見つかる。例えば宿泊先とスタジオと食事が提供され、しかもそれに加えて毎月のお小遣い/制作にかかる材料費などまで出してくれる所もある。そういった所は特にプログラム終了後に展覧会をしなくてはいけない/コミュニティーにレクチャーしなくてはいけない、などの条件もついてくるから、責任感もやる気も増えるんじゃないかと思うし、地域の人たちと自分のアートについて語ったりする様な機会は、私にとってはとても貴重だから、ぜひとも体験したい。ほとんど生活費がかからないので、ほとんどいつも通りの予算さえあれば、Why not try it!?

参考サイト:http://www.resartis.org/

2008-06-28

大人のかくれんぼ+おにごっこ。

今日は大人のかくれんぼの日だった。
皆で夜中まで6ブロック X 4ブロックの住宅街を駆け回る。
普通のおにごっこと違うところは、
チェイサー達が車に乗ってランナーを追っかけること。
ヘッドライトを避けて闇に身を隠すランナー達は、
ゴール地点までチェイサーにタグされずに到着したら勝ち。
それにしても、みんなで走るの大好き!
もしかしたら、いつか会いましょう。

2008-06-23

早起き、ギャラリー、自転車ライド、爆睡。

今日はアロンと友人のタイラーとエリックが自転車でロスからサンタバーバラに発つのを見送るのに、朝5時に起きた。久しぶりに柔らかい朝日に照らされた風景を見た。彼らは自転車にテントやら寝袋やらをのせて、6時前には私は彼らの背中を見ながら、そのambitionに圧倒されていた。友人と自転車でダウンタウンへ向かい、なかなかおしゃれなフレンチのカフェで朝食。(angeliquecafe) できたら今度は2階のテラスでお茶なんかしてみてしまいたい。自転車でダウンタウンを見て回って、その後は友人の提案でACME GallryMarc Foxxギャラリー、それとビバリーヒルズのGagousianギャラリーに足を運んでみた。(ちなみにLACEギャラリーも現在結構面白い展覧会が開かれているので、もしもこのポスティングを2008年の8月以前に見ている人はぜひ足を運んでもらいたい。)家に帰って絵を描いた。後でその絵はポスティングする予定。夜の10時からは大勢の人で騒ぎながら自転車を町中乗り回す、走るパーティー軍団、Crank MOBに参加。でもあんまりにもストップが多かったから途中で別行動で車に戻った。ソーテルで始まって、ベニスビーチまで行って戻って来た。ビーチ沿いを6人程で静かに走ったのがその晩のライドで一番気持ちよかった。黒い海と黒い空を真横に感じながら、生温い風の中を走った。午前3時半帰宅。

枇杷の種、植えた



ロスには以外と枇杷の木が沢山ある。
たまたま道に生えていた枇杷の木に、沢山オレンジの実がなっていたのを見て、思わず二ついただいた。
それがとっても甘くって、種を土に植えてみたら、見事芽が出て来た。家があれば庭に植えてあげたいのになぁ。

2008-06-19

banana muffin....

リンク
ok, i totally got bored....and this is a total non-sense, but here you go....
thanks noah for telling me this link*

http://www.youtube.com/watch?v=1gFWcx78zgY

2008-06-11

アメリカの2チャンネル的サイト

2チャンネル的なサイトはアメリカにもあるんだけれど(7ch 12chとか確か他にも)
私はよくReddit.comをおとずれる。
このサイトは、簡単に言うとネット上のみなさんのでっかいリンク集。
各カテゴリの中で「これは!?」っていうネット上のソースへのリンクを貼ってある。
どれだけの人が見て、ランキングされて、人気度が上がったり下がったりしてして、
どんなコメントが残されているのかがみられる。
こういったサイトはいくつもあるけど、ココは偽りの投稿を極めていやがるので、
信用度が高い。個人的に。
ここに載る記事は、私の仕事場でもよく話題になったりするし、
友人達もよく「これ聞いた〜?!」みたいな話題をココから入手してるらしい。

http://www.reddit.com/

注意:結構キツい画像なども載っているので、私は内容に対して何の責任も負いかねませんのでよろしく。

My Sweet Nintendo話。


I went into a small gift shop after I had my gyros meal during my lunch break,
then I found this. -Nintendo controller....not.
it's a container with "Nintendo Super Mints". it was only 3 bucks so i instantly grabbed it.

this reminds me, i absolutely LOVED Super Mario, the very first one.
I liked playing the game myself too, but I liked it more when my dad was playing it because he would beat the game so fast!

My mom had told me that i used to cry so much for unclear reasons when i was little.
In the middle of the night, my parents would wake up because of their daughter crying so hard,
and so long. It sometimes lasted for a good 2 hours straight.
But they couldn't figure out why. -why is our daughter crying every single night?-
Then what they came up with, to stop me from crying was,
to wake my dad up, and he would start the Nintendo and start playing Mario before me.
It worked.
My eyes would be nailed to the TV screen where Mario is kicking ass.
I would watch my dad play the game for a little bit, and soon fall a sleep because i am tired from crying hard. On the other hand, my dad can't go back to bed because by the time i'm back in my bed, he is in the Super Mario world.

2008-06-10

Annonymous City Scapes 000

wherever you go, we all identify ourselves with the surroundings in some ways. sometimes you notice the difference, sometimes you feel at home.

2008-06-06

Downtown Art Walk.


Downtown Art Walk (the second Thu of every month) is becoming bigger and bigger each year for the last several years. I like it when a bunch of people are walking on the street.....
i sometimes get to show my works there.

ロサンゼルスのダウンタウン・アートウォークは毎月第2木曜日に開かれる。ここ数年で規模が大きくなってきたみたい。たまにそこで作品を展示しているから、よかったら来てくださいな。


Spring Arts Tower -Mezzanine-
453 South Spring Street (btwn 4th/5th Street)
Los Angeles, CA 90013
Art Walk Hours: June 12th 12-9pm (SAC Reception 7-9pm)
Downtown Art Walk (Map) (Directions)


2008-05-29

blue.

blue ball and a torn blue vail.

2008-05-23

rhythm 01



よく耳にするのに曲名も作家も知らなくて、
でもとても気持ちのいいピアノの曲を、昨日やっと友人と探し当てることに成功。
その曲はフランス生まれの作曲家、デュビッシーによって、
1890年(当時28歳)につくられた、Clair de Lune (月の光)だった。
ベートーベンの月光は知っていたけれど、
当時の作曲家や芸術家はきっと、
月っていう物のコンセプトに惹かれていたんだろうな。
常に光を放つ太陽とは相対的に、
ただその太陽の光を反射してのみその存在を私たちに露にして、
太陽との位置によって見え隠れして、
光と陰が両方あってやっと存在する月。
いないかと思ったら、いつの間にかひょっこり出ていたり、
表情を変えていくのが目で分かるところは、
私たち人間みたいだね。

ピアノも弾けないし、楽譜も読めないけど、
友人に指の動きを見せてもらって、なんとか最初の4小節まで弾ける様になった。
家にはピアノもキーボードも無いから、鍵盤を描いて練習。
どっかで安いキーボードないかな?


2008-05-17

現実逃避。その2

video

Running away from the present i tend to watch my videos from my past.
投稿を公開

That Japanese film festival will be back in 09!

Japan Film Festival is now for sure coming back next year.

April of 2009 (tentative)
JFF is Rollin'!
http://www.JFFLA.org/

We're looking for volunteers

Photos from Midnightridazz (5/9/08)

another photo from the bike ride with Midnight Ridazz. Park across the street from Union Station. They have rides every Friday night I think.

2008-05-15

昼寝。

忙しい中で考える事....
いつか行った常夏の島のビーチでの昼寝。
(現実逃避?)


video

Imagery.

Trying to shoot Robert Smithson in The Spiral Jetty video with the shadow of my digital camera.

2008-05-14

No More Spirals.


cont. Imagery

とてつもなく飼い主が気になる本


GlendaleのAtwater Villageたまたま入った雑貨屋でこんな本を発見してしまい、
結局購入してしまった。

その名は"Stuff On My Cat"

その名の通り、これは猫に何かが乗っかっている写真集。
訳の分からないものをのせられて、猫の「...。」(無言)の反応に最初は思わずくすぐられるのだけど、
だんだんともっと気になってくるのは、
『なんでそんなものを!』
っていう物を飼い猫に乗せた飼い主、(つまり実行犯)の思考回路だったね。
なにせ猫は自分の上に乗せられたそれが何であれ、その光景を面白いと思えるのは人間だけだからね。

もともとウェブサイトとして始まって、思ったより反応が随分良かったので、
まだ学生の作者はの出版をしてみたらしい。

皆で見ると楽しさ3X。
一人で見ると、いつの間にか顔がニヤニヤしてきちゃった自分を発見。

2008-05-13

5th Floor

ロバートがチャイナタウンに店を開いた。店の名は「5th Floor」。



最近新しいギャラリーが年々増えて来ているチャイナタウンのChung King Rdに、
一見ギャラリーの様で、でももっと一般的な「雑貨屋」の様な印象も与えるスペースを開きたかったらしい。
新しい作品を随時募集中の様なので、面白いモノ造る人、集まれ。


5th Floor

Accoutrements for the Modern life
502 Chung King Court
Los Angeles, CA 90012
213.687.8443
robert@fifthfloorgallery.com
www.myspace.com/fifthfloorgallery
Homepage
Hours:Friday-Sunday 12-6pm or by appointment






Imagery.




I watched "The Spiral Jetty" by Rober Smithson today. Then I really wanted to be in the imagery....

2008-05-10

以外にも....達成



映画祭のお手伝いでここ6ヶ月相当運動不足だった私。
昨日は自転車で約40マイル走ることになった。

午後10時からUnion Stationに集まって、数百人のバイクライダー達(自転車)と一緒に
まるで魚のスイミーになったかの様に、2、3ブロックにも渡る大きな団体で移動。
走った仲間達はMidnight Ridazz。今回のライドはスターウォーズがテーマ(Jedi Mind Track)だったので、ルークさん、オビさん、ライトセーバーの皆さんとダークサイドの皆さん等が結集。
車用のバッテリーとスピーカーを積んだリアカー付きの自転車が大音量の音楽と共に全体をリードする。行く先を知る人は全体のほんの一部の人たちだけ。その他の大勢の皆はただ先頭のリーダーについて行くのみ。後ろを振り返ると皆のライトがキラキラして、なんだか黒光りする夜のクジラみたいで奇麗だった。トンネルを駆け抜けながら皆で大声で叫ぶ。応援してくれる人もいっぱいいた。
閉店後の掃除をしている従業員達は店の前へ出て来て手を振ったりかけ声をかける。道沿いのレストランで食事中の皆は食べるのを止めて、ぽかんと口を開けながら大量のライダー達を見てる。中には家から飛び出して来て走りながら声をかけてくる人もいた。

多かったコメント。
「What is this?」「Where are you guys going?」 「What is this for?」
 これってなに? どこに向かっているの?   何の為に走るの?

だいたいの返答。
「Midnight Ridazz!」 「Back to downtown!」  「For fun! 」「For you!」 etc....
ミッドナイトライダーズ  (どこに行くのか知らないけど)ダウンタウン!  楽しいから!君のため!その他人それぞれの回答が飛び交う。


途中コンビニや酒屋に止まってトイレと軽い飲食を済ませる。でもその間も大音量の音楽。 
止まっていると20分後にはやっぱりポリス登場。なので移動開始。
赤信号も突き抜けて行くので警察には止められるのかと思ったら、LAPDさん達はとってもサポーティブ。
いつの間にか20マイル走り、Whittierまで行って、また違うルートを通ってダウンタウンのUnion Stationに戻って来たのは午前3時。もちろん電車もバスも通っていないから、30分自転車で走ってやっと帰宅。もう足が自分の足じゃない様に感じる。もうこれ以上こげないと思ったところが何度もあったけど、これでついて行けなかったら迷子になるって必死になって、以外にも最後まで行けたみたい。

とりあえず完走達成。

2008-05-06

Art in LA

今Getty Centerでなかなか面白い展覧会が開催中なのです。
過去40年間カリフォルニアで作られたビデオアートが50作以上、ビデオインスタレーションも15作品展示中。私の尊敬するアーティスト/メンター、Meg Cranstonのビデオもある。
興味のある人は下のGettyのウェブサイトを見てみてくだされ。実はビデオがちょっとだけ見られる様になっているから。
http://www.getty.edu/art/exhibitions/california_video/index.html
自分がビデオアートを作る人には、作品をこのサイトを通してsubmitすることもできる。もしも内容に問題が無いとみなされたら、このサイトに載せられて、視聴者がランキングをできるというシステム。でも時間に制限が有るから詳しい事はウェブサイトで確認してみて。
展覧会は6月8日まで。

California Video at the Getty
(Saturday 03/15/08 to Sunday 06/08/08)
Getty Center
1200 Getty Center Drive
L.A.,CA,90049-1657

map














つい、一押ししてしまう商品発見。

ロスに来て、おしゃれな物がなかなか見つからないけれど、妙に効果のある商品には何度となく巡り会っている。

そのウチの一つがコレ。

Goo-Gone』(アメリカ製)

油汚れ、ガム、クレヨン、そしてなにより、シール剥がした後に残ったあのベタベタがスッキリ☆さらっと取れてしまうのです。
お湯に長い事浸けて待った後にたわしでゴシゴシ頑張らなくても良いんです。涙



あまり商品の紹介はしないつもりなのに、これはついつい紹介したくなってしまった...。

2008-05-04

Korea Townで食べる。

コリアタウンはどこから始まってどこで終わるのかはっきり未だに分からないけど、
結構範囲は広くて、レストラン、バー、カラオケがそこら中にあって、韓国料理だけじゃなくて、タイ料理とメキシカン料理も沢山ある。夜になると酔っぱらいのアジア人(主に女性)が平日でも沢山出没するから、ちょっと日本ぽい感覚に陥ることもしばしば。はは

「うまいもん見つけたい部」の私はコリアタウンでよく外食/買い出しをしてしまうので、
せっかくだから今日はお店の紹介。

最近友人に「夜中でもおばちゃんがたい焼き焼いているスーパー」があると教えてもらったので、一度行ってからもう行きつけのお店になってしまったスーパーがコチラ。
HK Super Market
450 S Western Ave
Los Angeles, CA 90020
213-368-1410
map
ここは夜中の12時までおばちゃんがせかせかたい焼き焼いて売っているだけでなく、
(韓国風味の)肉まんとかあんまんもある。でも一番のポイントは食材の安さかな?
カルビやプルコギ、牛タンなどの焼き肉類、新鮮なお魚(in 生け簀)も種類も沢山揃っているし、野菜が特に安く手に入る。納豆とかうどんとかお菓子とか日本食も多少入手可能。一つ気になるのは、パンが無いことくらい。

コリアタウンのレストランで私がおすすめなのは、
Beverly Soon Tofu House
2717
W Olympic Blvd # 108

Los Angeles
, CA 90006

(213) 380-1113
map
カルビ、プルコギ、スンデゥブ好きで、安い飯に目がない人は必見。
女の子なら3人でカルビ山盛り食べて(韓国料理で素晴らしい、常にrefillしてくれる種類豊富な前菜達付きで)一人10ドルで軽くいけてしまう....。(Soju飲み過ぎないように。)



バーがほんとに沢山あるコリアタウン内は飲み屋の激戦区。その中に日本の都会の居酒屋に雰囲気が似ている居酒屋もある。その名も「居酒屋・勝負」。
Izakaya Shobu
3421 W 6th St.
Los Angeles, CA 90020
Shobu official website
メニュー
経営してるのは韓国の方で、従業員もほとんどのお客も韓国人。そのせいかメニューは韓国語と日本語のみ!内装が日本の飲み屋っぽくて、しかも喫煙席もあったりしてしまうところがさらに日本を思わせる。(?いいんだっけ??)お好み焼きやラーメンもあるけど、やっぱりちょっと味は日本のとはまた違った、...ちょっと新鮮な感じ!?でもここの「たこの唐揚げ」はこってりソース付きでなかなかいける。お酒はお店でもウェブサイトでもなぜか韓国語のみなので、店員さんになにかどれだか聞いてみないと分からない摩訶不思議なシステムになっておりますです。ハイ。




他にもまだまだ紹介したいお店達が....でももう眠いので、次回を乞うご期待有れ。